インフラエンジニア

【現役インフラエンジニアが解説】ネットワークエンジニアとは?業務内容から未経験から目指す方法まで徹底解説!

インフラエンジニア

ネットワークエンジニアってどんなことをするエンジニアなの?インフラエンジニアとは違う?



IT技術の急激な成長により近年さらに注目を集めている「エンジニア」。


一概にエンジニアと言っても業務内容は様々で、1つのシステムを作って運用していくまで、様々な種類のエンジニアが携わることになります。


今回はその中でも、ITの基盤を支えるネットワーク周りの業務を行う「ネットワークエンジニア」にスポットライトをあてて見ていきましょう。


また、これからネットワークエンジニアに転職を考えている方に向けて、気になる平均年収、ネットワークエンジニアになったらどんなキャリアパスがを築くことができるのか、未経験からネットワークエンジニアを目指す方法まで一通り解説していきますので、ぜひ最後までお付き合いください。


この記事を読んでわかること


・ネットワークエンジニアの業務内容

・ネットワークエンジニアの平均年収

・ネットワークエンジニアの将来性と需要

・ネットワークエンジニアのキャリアパス

・未経験からネットワークエンジニアを目指す方法



ネットワークエンジニアの業務内容

ネットワークエンジニアとはその名の通り、ネットワーク周りをメインに扱うエンジニアのことで、クライアントの要求に応じて、ネットワーク設計・構築からネットワーク監視などの業務を行うエンジニアのことを指します。


よく聞く「インフラエンジニア」とは何が違うの?



よく聞くインフラエンジニアとの違いですが、イメージはネットワークエンジニアとサーバエンジニアを大きく囲ったときの名称だと思ってもらえば大丈夫です。




KOU
KOU

個人によっても知識量は変わってきますが、主にインフラエンジニアはネットワークとサーバどちらも扱うエンジニアののことを指します。

設計・構築

ネットワークエンジニアは、クライアントの要件に沿ってネットワークの設計・構築を行います。


まず、ネットワーク機器の種類や構成、回線費用や回線の種類などをクライアントからヒアリングを行いネットワークの設計を行っていきます。


設計段階が完了したら、次は実際に構築の手順やスケジュールを作成し、それ通りに構築を行っていきます。


もちろんネットワークをつなぐには、サーバ側での設定やセキュリティ要件も伴ってくるため、サーバやセキュリティの知識なども必要になってくる場合が多いです。


KOU
KOU

ネットワークを専門に扱っている企業だと、サーバ側での設定は別の企業に任せて、あくまでネットワークで完結する部分だけを請け負うということが多いです。

監視・運用

ネットワークエンジニアは構築が完了した後の監視や運用も行います。


構築したネットワーク間で障害が発生しないかを監視したり、実際に障害が発生した時の復旧作業などを行います。


また、製品が古くなってしまった時のアップデート作業やメンテナンスなども一貫して行います。


KOU
KOU

ネットワークの障害対応は構築した企業が対応することが多いですが、ネットワーク監視はシステムの保守・運用と一緒に行うことが多いため、他の企業が一貫して監視するケースも多いです。

ネットワークエンジニアの平均年収

では、ネットワークエンジニアの平均年収はいくらくらいなのでしょうか。


DODAが掲載している、業種別平均年収ランキングではネットワークエンジニアの平均年収は448万円ほどになります。


また、30代では年収500万円以上にアップするケースもあり、スキルによって大幅に稼げる額が変わってくると言えます。


KOU
KOU

さらに年収を上げたい場合は、技術を身に着けてフリーランスとして案件を受注できるようになると一気に収入も上がっていきます。


ネットワークエンジニアからフリーランスになることも可能なの?


KOU
KOU

はい!後ほどキャリアパスのところで解説しますが、ネットワークエンジニアからフリーランスになることは十分に可能ですよ。



また、ネットワークエンジニアは技術力で年収を上げるだけではなく、「ゼネラリスト」と呼ばれるプロジェクトを管轄する立場になることで一気に年収を上げることもできます。


KOU
KOU

「ジェネラリスト」と呼ばれることもあります。



ですが、管理職ということもあり、プロジェクトをまとめ上げるリーダーシップやコミュニケーション能力がさらに求められるため、自分にあったキャリアパスを選択することが大切です。

ネットワークエンジニアの将来性と需要

ネットワークエンジニアはこれからの時代、安定して稼ぎ続けることはできるの?



何事も目指すうえで気になってくるところはこの、将来性と需要の部分だと思います。


結論から言いますと、以下の理由からネットワークエンジニアとして安定して稼いでいくことは十分可能と言えます。


ネットワークエンジニアとして稼ぎ続けられる理由


・ITの人材不足が懸念されているため

・クラウドサービスが普及するため

その1:ITの人材不足が懸念されているため

IT業界の人材不足が懸念されている理由は以下の記事で詳しく解説していますが、IT技術の急成長に人材の供給が追い付いていないことが一番の理由として挙げられます。


現役SEが未経験からプログラミングを使ったフリーランスで稼ぐ方法を徹底解説!(今後の需要から仕事内容についてもデータ付きで解説)
「ITの需要はこのまま伸びていくのか」「未経験でのプログラミング副業は可能なのか」「未経験でのプログラミング学習ってどうやればいいんだろうか」近年IT業界の成長に合わせてプログラマーの仕事がますます注目されてきている中、未経験からのプログラ...



IT人材の確保のため転職エージェントなどを活用し、人材採用に力を入れ始めている企業が年々多くなってきているため、ネットワークエンジニアの求人もさらに多くなることが予想されます。


KOU
KOU

後ほどご紹介しますが、将来のエンジニアを育成すべく、ネットワークエンジニアを目指せるスクールなども近年増えてきています。



また、国の方針で新学習指導要領において、小学校では2020年度から、中学校では2021年度からプログラミング教育が必修化しました。


このような制度を見ても、IT業界の急成長に向けてエンジニアの需要がより一層高まることを示唆していることがわかります。

その2:クラウドサービスが普及するため

インフラを支えるシステムとして、オンプレミスからクラウドへの移行が増えています。


オンプレミス:ハードウェアやソフトウェアを自社の環境上で構築すること



クラウドサービスが普及すれば、以前のネットワークエンジニアに求められていたネットワーク機器の調達や設置という知識の需要は減っていくことになるでしょう。


ですが、クラウドサービスを扱う上でもネットワークの知識は必要です。


従来のオンプレミスの知識を持っているネットワークエンジニアが、さらにクラウドの仮想化技術を持ち合わせていることで、さらに希少価値の高いエンジニアを目指すことができます。


KOU
KOU

また、セキュリティ機能レベルやコスト、管理のしやすさなどからオンプレミスを採用している企業もまだまだ多いため、ネットワークエンジニアの需要は今後もオンプレミス側でもなくなることはないでしょう。

ネットワークエンジニアのキャリアパス

ネットワークエンジニアの将来性と需要がわかったところで、実際にネットワークエンジニアを目指した先で、どんなキャリアを築くことができるのかを解説していきます。


ネットワークエンジニアのキャリアパスは大きく分けて以下の2つがあります。


ネットワークエンジニアのキャリアパス


・スペシャリストとして技術力を追求する

・プロジェクトマネージャーを目指す

その1:スペシャリストとして技術力を追求する

ネットワークエンジニアを目指すとなると、その先の選択肢として、ネットワークエンジニアでのスペシャリストを目指すことが1つ挙げられます。


ネットワークスペシャリストとは、ネットワーク分野において専門的な知識や技術を習得している人のことを指す言葉で、自分の技術力を生かしてキャリアアップを目指していきます。


KOU
KOU

インフラエンジニアを目指すにしても、サーバとネットワークのどちらかに強いエンジニアは企業から大変重宝されます。



また、習得した技術力を生かしてフリーランスへの転向や、ITコンサルタントへの転向など、ゼネラリストを目指す際にも有利になってきます。


ネットワーク全般の技術力を身に着けることで、その先のキャリアパスも自由に選択できるようになるということだね!

その2:プロジェクトマネージャーを目指す

ネットワークエンジニアのキャリアパスとして、プロジェクトマネージャーを目指すことも選択肢の1つとして挙げられます。


ネットワークエンジニアの平均年収の部分でも挙げさせていただいた「ゼネラリスト」という分類の1つ、ネットワークエンジニアとしての技術力の追求というよりは、プロジェクトの管轄を担う役職となります。


責任者としてクライアントとの関りが多くなり、必然的に上流工程での作業が増えるため、スペシャリストよりも年収が上がりやすい傾向にあります。

未経験からネットワークエンジニアを目指す方法

ここまでで、ネットワークエンジニアに少し興味を持っていただけましたでしょうか。


ここからは実際に、未経験からネットワークエンジニアを目指すためには何をすべきかを、詳しく解説していきたいと思います。


KOU
KOU

未経験からいきなりネットワークエンジニアに転職する方もいますが、知識0からの転職はかなり大変ですので、ネットワークエンジニアに転職する前にやるべきことを詳しく解説していきます。



未経験からネットワークエンジニアを目指すためにやるべきことは大きく分けて2つあります。


ネットワークエンジニアを目指すためにするべきこと


・資格を取得する

・スクールに通って現場のスキルを習得する ←おすすめ!

その1:資格を取得する

IT業界は持っていないと仕事ができないという資格は特にありませんが、技術力の向上や転職を有利に進める上で、資格の取得はとても大切になってきます。


KOU
KOU

ネットワークエンジニアは技術職のため、資格を持っていることで自身のスキルの証明につながります。



特にネットワークエンジニアを目指すうえで大切になってくる資格は次のようなものがあります。



・CCENT

・CCNA

・基本情報技術者試験



CCENTとCCNAはCisco社が行っている、ネットワークの知識に関する資格であり、ネットワークエンジニアとしての技術力を証明するためにとてもおすすめの資格です。


KOU
KOU

ネットワークエンジニアを目指すスクールの中には、CCNA取得のためのカリキュラムを組むところもあるほどです。



基本情報技術者試験はIT全般の知識を問う試験で、IT業界で働くために必要になってくる基礎知識を網羅できるような資格試験です。


IT試験の登竜門と呼ばれる試験で、ネットワークエンジニアに関わらず、ITに関するすべての人におすすめできる資格となります。


KOU
KOU

エンジニアを目指すならとりあえず基本情報技術者レベルの知識は必須になってくるため、もっておいて損はない資格です。



基本情報技術者の新制度情報やおすすめの勉強方法に関しては以下の記事でまとめていますので、ぜひそちらをご覧ください。


【合格者が語る】基本情報技術者試験の新制度の難易度は?勉強法からおすすめの受験時期も合わせて解説
基本情報技術者試試験が新制度に変わったらしいけど、難易度はどうなったの?基本情報技術者試験は2022年の秋季試験を最後に、新しい試験制度の導入により試験内容がガラッと変わりました。よって、これから基本情報技術者試験を受ける方は新方式での過去...

その2:スクールに通って現場のスキルを習得する

ネットワークエンジニアを目指すうえでの1番の近道としまして、スクールに通うという選択肢があります。


エンジニア育成のスクールでは、エンジニア経験の豊富なメンターが現場で生かせるスキルを1から教えてくれるため、挫折せずに本物の技術力を最短で習得することが可能です。


また、スクールが転職先を紹介してくれる転職サポートや卒業後の技術サポートなどが充実していることが多いため、即戦力としてネットワークエンジニアに転職することが可能です。


数あるエンジニアスクールの中でも、より厳選したおすすめのスクールを以下の記事で紹介していますので、ぜひそちらを参考にしながら自分にあったスクールを選んでみてはいかがでしょうか。


\ 現役インフラエンジニアがおすすめするスクール! /

【現役インフラエンジニアが解説】未経験からインフラエンジニアを目指せるおすすめスクール5選!
未経験からインフラエンジニアを目指すにはどんなスクールがおすすめなの?インフラエンジニアを目指すためのスクールは数多くありますが、人それぞれ学び方や就きたい職種は様々だと思います。今回はこれからインフラエンジニアを目指すにあたって、どんなス...

まとめ:未経験からネットワークエンジニアを目指そう!

ネットワークエンジニアは今後さらに需要が高まてくる業種の1つと言えます。


また、技術や働き方次第で大きく年収アップが狙える職業でもあるため、将来自由な働き方をしたい方や、頑張り次第で年収アップを狙っている方にはとてもおすすめの職種と言えます。


今回ご紹介した未経験からネットワークエンジニアを目指す方法を参考にしながら、ネットワークエンジニアとしてのキャリアパスを築いてみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました